読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

okativeの備忘録

プログラミングに関する記事をマイペースに書いてます。

Vim導入記(Linux編)

Windows xpのサポート終了以来、iphoneのバックアップ専用となっていた我が家の富士通製LX50T/D。

サポート終了直後にUbuntuをインストールしようとした時はデフォルトのグラフィックドライバとの相性の問題で、画面表示がソラリゼーション(とか砂嵐?)みたいな状態になっていた。

ググって解決策を見つけたものの、どうしても改善出来ずに放置していたのだが、最近になって同じ方法を試したらあっさり解決出来て、今ではオフライン専用に設定したxpと一緒に元気に動いている。

当時のUbuntuのインストールデータに問題があったのか、自分のやり方がダメだったのか、おそらくは後者。

というわけでMac同様、こちらにもVimを導入していくことにした。

外でWindows10にも触れる機会があるので全てのOSでのコーディング環境をVimに統一していきたい。

 

まずはソフトウェアセンターからVimもしくはGVimをダウンロード、初心者にはGUIも兼ね備えたGVimの方がおすすめ。

次にコーディングを円滑にするためプラグインのEmmetを導入

プラグインの管理はdein.vimで行うのが一般的なのだが自分にはまだ敷居が高いので以下のリンクを参考にして手動で進めていった。

edeito.seesaa.net

Emmetの導入方法はググれば色々出てくるがこの記事ではGUIを使用しているので初心者にもわかりやすかった。.vimフォルダの保存先を理解できればMacでの導入にも応用できる。

続いてホームの.vimrcに起動時の設定を記入

set cursorcolumn "カーソル位置のカラムの背景色を変える
set cursorline "カーソル行の背景色を変える
set list "不可視文字を表示
set listchars=tab:»-,eol:↲,trail:-,nbsp:% "不可視文字の表示記号設定
set nocompatible "viとの互換性を優先してvimの一部機能を制限する
set number "行番号を表示
set shiftwidth=4 "自動インデントでずれる幅
set showmatch "カーソル位置に括弧があった場合対応する括弧を強調する
set tabstop=2 "画面上でタブ文字が占める幅
set wildmenu wildmode=list:longest,full "コマンドラインモードでTABキーによるファイル名補完を有効にする
colorscheme molokai "カラースキーマを設定

カラースキーマは評判の良いmolokaiを導入。molokaiのデータはホーム画面の.vimフォルダ内に作ったcolorsファイルに保存しておけばOK

ひと通り勉強してgitなどの使い方に慣れたらdeinの導入にも挑戦したい。

その際はここに追記する。